おやすみたまごの口コミ評判と楽天価格は?BIGやおやすみたまごプラス違いは?

育児雑誌で注目の、子育て神アイテム「おやすみたまご」が話題ですよね。

たまひよでも度々取り上げられています。

今回は、楽天でおやすみたまごを売っているお店をさがしました。

レギュラータイプのおやすみたまごの他に、おやすみたまごプラスやおやすみたまごBIGの違いも紹介します。

ちょっとお得なエアメッシュとのセットもありますので、おやすみたまごの購入を検討している方は、参考にしてみて下さいね。

 

おやすみたまごを販売しているお店は、こちらから探せます。
↓ ↓ ↓
Check! ⇒ 【楽天】 おやすみたまご 取り扱い店

 

おやすみたまご レギュラーサイズ

子育て神アイテムと呼ばれている「おやすみたまご」のレギュラーサイズです。

新生児~8か月くらいの赤ちゃんに、おすすめのサイズです。

大きさは、W68㎝×D43㎝×H19㎝です。

赤ちゃんの寝かしつけに苦労しているママに、おすすめの育児グッズです。

 

実際に、おやすみたまごを使っている方の口コミも気になりますね。

おやすみたまごの口コミは?

実際におやすみたまごを使っている方の意見も気になります。

check! ⇒ おやすみたまご みんなのレビュー【楽天市場】

楽天の口コミを見てみると、おやすみたまごを使ってから赤ちゃんが良く眠るようになったという意見が多いです。

なかには、赤ちゃんに合わなくて効果がわからないという方もいます。

 

お値段的には、寝かしつけ効果がなかった場合は、高いという意見ですが、赤ちゃんがぐっすり寝るようになった方は、納得の価格という意見が多いです。

 

その他に、赤ちゃんがよく寝るようになって、ママの気持ちにも余裕が出てきますね。

 

おやすみたまごBIG

6か月以上の赤ちゃんには、こちらのおやすみたまごBIGサイズがいいですね。

大きさは、W80㎝×D51㎝×H19㎝です。

おやすみたまご

レギュラーサイズに比べて、横幅が12㎝・縦が8㎝ほど大きくなっていますね。

生後5か月までの赤ちゃんは、BIGサイズでは体重が軽すぎてうまくCカーブが作れないため、使用ができません。

 

多機能 おやすみたまごプラス 違いは?

おやすみたまごプラスは、ファスナーを外すと2つに分けることができます。

おやすみたまごのように使うことはもちろん、ファスナーを一部繋げて、寝返り防止クッションにも使えます。

 

ファスナーの開閉を調節すれば、スリーパーにしたり、お座りが安定しない時期のベビーチェアとしても使えて便利ですね。

また、2つに分けて妊娠中のママの、抱き枕やフットピローとしても使うことができます。

おやすみたまごは、従来の寝かしつけアイテムとして使える時期は、新生児~8か月までと期間が短いので、ママの妊娠中から赤ちゃんがお座りが出来る時期まで、長い期間使えるのはとても便利ですね。

 

おやすみたまごエアメッシュ

おやすみたまご専用のエアメッシュです。

おやすみたまごの口コミを見ていると、夏に赤ちゃんが汗をかくと、背中部分に熱がこもってしまうという意見が多く見られました。

あわててエアメッシュを買った方や、保冷剤を使って熱がこもらないようにしているという方がいました。

 

赤ちゃんは体温が高いうえに、同じ態勢で寝ているので、背中が汗でビショビショになりやすいですよね。

せっかく良く眠るようになったのに、今度は汗疹が痒くて眠れないでは、ちょっと困っちゃいます。

エアメッシュを使って、背中に空気を通しやすくすれば、夏でも赤ちゃんの睡眠をじゃましませんね。

 

さいごに

赤ちゃんの寝かしつけで、頭を悩ますお母さんは多いですよね。

おやすみたまごの口コミを見ても、赤ちゃんがぐっすり眠るようになったおかげで、お母さんも家事が出来るようになったり、家族が夜眠れるようになったという意見があります。

赤ちゃんがぐっすり眠って、お母さんのストレスも減らせるなんて・・・。

やっぱり「おやすみたまご」は、育児の神アイテムですね。

 

おやすみたまごを販売しているお店は、こちらから探せます。
↓ ↓ ↓
Check! ⇒ 【楽天】 おやすみたまご 取り扱い店

 

「おやすみたまご」の購入を検討している方は、参考にしてみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました